2017年12月5日火曜日

ガルチュー?

12月3日のボートマラソンの出場しました。
漫画ワンピースのキャラクター「ペコムス」に似ているとの話が…?
こんな感じ。
ん?オナカ周り?

2017年11月23日木曜日

ふっかぁーつ

日立のねーさん復活です(笑)11月12日の練習。
足の骨折で長期離脱しておりましたW辺さんが、ボートマラソン参加のため、今日から練習に参加してくれました。くれぐれも無理なく、これからも楽しみましょう!
練習はエイト2杯による「並べ」
かなり絶妙なクルー編成で、イイ感じに白熱したレース展開だったそうです。
クオド☆さたんも、マラソンに向けて調整練習開始。

2017年10月9日月曜日

ナックルが大人気

10月8日の練習。
3連休の中日のせいか漕艇場は比較的少なめ。
ここ数年、企業レガッタが流行っているのか、8月~10月のあいだは6杯あるナックルがほぼ予約でいっぱい。なのでこの時期はアメンボウは他の艇に積極的乗って楽しんでます。

まずはシェルフォア!
みんなの漕ぎがダイレクトに感じられてたのしい!
うまくみんなの呼吸があって漕ぎがキマッタ時の水上の滑走感は最高です。
つぎはクォドルプル。
4人漕ぎの2本オールなので安定性もあり、シェル艇コックスの練習としても最適ですね。
漕ぎ手としては、ダブルスカル、シングルスカルへの入門艇としても・・・。
本日は何とかナックル2杯確保できたので、こちらは乗り換えながら、みんなで漕ぎました。

2017年10月7日土曜日

ローイング体験やってます。

10月1日の練習。
今回、ネットで当サイトを見つけて頂いたS井さんが、ローイング体験を初体験。
以下、後日頂いたメールです。
--------------------
ローイング体験はとても楽しかったです!
特に船のスピードが上がったときの爽快感はとても素晴らしいものがありました。またボートは手ではなく、足で漕ぐものだということも学びました。
ご指導は親切で分かりやすく、ド素人の私でも楽しんでボートやエルゴを体験出来ました。皆さんもとても優しくてありがたかったです。
是非また行きたいな!と思います。ありがとうございました。
--------------------

すごくセンスが良く、綺麗な漕ぎをしていました。また是非、参加してください。

ダブルからの~!

9月24日の練習。
戸田で大会が開催されているためか、漕ぎやすい環境。

K瀬さんお待たせしました。以前から以下の嬉しい要望を頂いていて、今回やっと実現。
 --------------------
若干幅広のシングル(ツーリングタイプ)は7回程遠漕していますが、ノーマルのシングルスカルは未経験。 ただ先週の練習で、まさに乗せて頂いて浮かんだだけで終了し、欲求不満というか、もっと漕ぎたいという気持ちが非常に強くなっております。 最近、それまで以上にボートにはまり始めており、それまで退屈で読む気も無かったボートの指導書を読んだり、ビデオを見たりしています。なかば中毒症状です。
 --------------------
祝 シングル乗艇!
H田さんも~!
ローイングもいろんな艇種を漕ぐことにより、グッと世界が広がります。
皆さんも是非、機会を見つけてチャレンジしましょう!

こちらもチャレンジ。「Seeds」の新人2人が、クオドに乗せてもらいました。
「難しかったけど、めっちゃはまるっ!」と喜んでました。 ご指導ありがとうございました。

2017年9月10日日曜日

じゃないよ

9月10日の練習。
クオドを修理したとの事で、その試乗を頼まれました。壊したわけではありませんよ。
  少し斜めになっていますが、漕ぎではどうでしたでしょうか?
今日は「社内レガッタ」の練習と「ボート教室」開催で、漕艇場は大賑わい。
何とか1台だけナックルを借りる事ができました。
やっぱりナックルは抜群の安定性! しっかり練習できました。

2017年9月4日月曜日

時代のながれ・・・

ですかね? 公共の場所ですので致し方無いのかな。皆さん今後、宜しくお願いします。

事故(破損)報告
オーシャン乗艇中、護岸にぶつかりトップポールを損傷、紛失。
経験の浅いクルー2名での乗艇で、風が少し強く上げ潮だった事もあり、うまく操舵できなかった事が原因。幸いクルーには怪我はありませんでしたが、艇は大事に扱いましょう。
また私も配艇をもっと気をつけないといけないですね。反省事項です。スイマセンした。

9月3日最初の日曜日。
本日は「Seeds」も併せて総勢27名の参加。イイっすね!
エイト2艇、クオド1艇、オーシャン1艇、シングルスカル1艇。
しかし私はシングル指導のため、本日の写真少な目・・・スイマセン。

監督、S司さんにエイトを任せて「並べ」
オーシャンにはテル君、T橋さん。
「やはり漕いどかないと!」とシングルS司さん。